Guniの備忘録

ArchLinuxやプログラミングの勉強状況を更新していきます

ConoHaで初めてのVPS(ArchLinux)

この記事はSLP_KBIT Advent Calendar 2016の6日目の記事です。

はじめに

サーバーほしいなあと思って、でもレンタルサーバーだったらCentOSとかUbuntu使うわけだからハードル高いですよね。(錯乱) じゃあVPSで自分の好きなディストリが入れたい。って思っていたらとあるイベントにて、

「ConoHaならArchLinuxのOSテンプレートがありますよ。」

と耳寄りな情報が。ConoHaってなんぞ?VPSはさくらぐらいしか知らないんだが状態な自分には新天地。 調べてみると

  • 豊富なOSテンプレートがある。
  • 豊富なアプリケーションテンプレートがある(主にCentOS用)
  • クレジットカードなしでもできる。
  • 最小構成で月630円~から始められる
  • 美雲このはちゃんがかわいい

目的

  • 今作ってるWebアプリの本番環境として
  • 自分で自由に管理できるサーバーが欲しかった
  • dockerの勉強用

環境

スペック

  • OS:ArchLinux 64bit
  • CPU:Xeon E5-2260 v3 2core
  • RAM:1GB
  • SSD 50GB
    f:id:guni1192:20161205152716p:plain

手順

必要なもの

  • PC
  • 630円以上のお金

サーバー起動まで

  1. ますConoHaに会員登録する
  2. 支払い方法(クレカ、銀行、PayPal、コンビニ)を決める
  3. サーバーを追加する
  4. スペック等の入力をする
  5. 構築するまで待って起動したらSSH接続してみる
  6. コントロールパネルで、SSH以外のポートを閉じる

各種設定

ssh 接続して、とりあえず更新

# ssh root@XXX.XXX.XXX.XXX
# pacman -Syu

ホストネームの変更

# echo [HOST_NAME] > /etc/hostname

あまりrootで作業したくないのでユーザーの追加

# useradd -m -g wheel <USERNAME>
# passwd <USERNAME>

あとsudoの権限を変える

# visudo     # %wheel ALL=(ALL) ALLのコメントアウトを外す

自分好みに必要なものインストール

# pacman -S zsh vim emacs tmux git

dotfilesのインストール

ますはrootで

# git clone https://github.com/guni973/dotfiles
# cd dotfiles
# ./makelink.sh

次はユーザに移って、ついでにシェルもZshに変える

# su <USERNAME>
$ cd
$ git clone https://github.com/guni973/dotfiles
$ cd dotfiles
$ ./makelink.sh
$ chsh
/usr/bin/zsh

ここで再起動させる。

powerlineのイントール

$ sudo pacman -S python python-pip powerline powerline-common
$ source ~/.zshrc

zplugのインストール

$ curl -sL zplug.sh/installer | zsh
$ zplug install

dockerのインストール

$ su
# pacman -S docker
# systemctl start docker

とりあえずArchLinuxいれてやってみる

# docker pull base/archlinux
# docker run -it base/archlinux bash

一応動いた。あとはこれから勉強する。

まとめ

  • 自分の好きにできる環境を作った
  • あとはrootでのログインを禁止にしたりする
  • 必要なもの入れたからあとはDockerなり、Nginxなどの環境作る
  • VPS初体験だったけど作業的にはインストール後のArchLinuxと変わらない